市長選挙の結果を受けて

2018年5月31日[カテゴリ:コラム

先般の西宮市長選挙では、
私が応援する候補者は、108票という僅差で落選されました。
非常に残念に思っております。

しかし、
投票に行ってほしい、
せめて、前回盛り上がった選挙を上回る投票率を
有権者の皆さんの手で実現してほしい、
という選挙戦での訴えは通じ、前回の市長選挙を上回る結果となりました。

有権者数:388,123人(前回 374,775人)
投票者数:145,608人(前回 136,456人)
投票率:37.52%(前回 36.41%)

応援した候補者の敗因も振り返ったのですが、
決して油断したわけではないと思います。
旧民主党の元衆議院議員が、
地方の首長に転向して当選するというトレンドがあることは把握していました。
加古川、明石に続いて、県内では3番目となったわけですが、
一度、衆議院議員を経験された方は、
知名度も信頼感もあり、強いと感じました。

石井市長が掲げた公約への期待、
即戦力よりも、公務員や市議会の常識にとらわれない市政運営への期待、
私たち市議会議員は、
こうした市民の選択を市民からのメッセージとしっかりと受け止め、
二元代表制の一翼を担う議会として、新市長と是々非々で議論を重ね、
市政を前へと進めていかなければならないと考えています。

ちなみに、
新市長の登庁式に招かれ、
祝辞を述べる機会がありました。
写真はありませんが、紹介しておきます。

===祝辞の概要===

市議会議長の田中でございます。
このたびは、激戦を制してのご当選、誠におめでとうございます。

新市長もご存じのとおり、市長不在の期間が生じ、
それまで3年半に及ぶ市政の停滞もあり、
西宮市が抱える課題はますます山積している状況にございます。

そのような中、石井市長は、
壮大な政策を多数訴えてのご当選ということで、
市民は、既成概念にとらわれない新たな風を
市政に求められた結果であると感じております。

どうか、そうした市民の期待にお答えするべく、
卓越した手腕を発揮していただいて、財源をねん出して頂き、
関西で住みたい街ナンバー1との評価を受けるまちの市政を、
公約に基づいて、しっかりと前に進められますことを期待申し上げております。

議会としましても、
近年、様々な改革を進め、
課題を検討する環境を整えてまいりました。
住民福祉の向上のために
これまで同様、しっかりと議論させて頂きたいと思っておりますので、
宜しくお願い申し上げます。

甚だ簡単ではございますが、
ごあいさつに代えさせていただきます。

===ここまでが祝辞の概要===

政治は「選挙における市民の選択」が最も重要です。
そして、来年4月は、私たち市議会議員の選挙です。
残された任期の間、
議会としての機能が果たせるよう努力してまいりたいと思います。

記事一覧