【進行中】社会基盤のアセットマネジメントの実現

目標

(平成18年~)
(道路、学校園、その他の公共施設などの安全性の確保を前提とした維持管理の効率化、長寿命化、更新にかかる費用負担の平準化)
 これまで莫大な費用をかけて作り上げた道路・橋梁や学校幼稚園、市営住宅、保育所、公民館や市民館などの公共建築物を、今後も適正に維持し、必要に応じて改築していくためには、莫大な費用がかかって当然です。しかしながら、その必要財源などは全く計算されていません。また、今はほとんど行われていない「施設の寿命を延ばすための計画修繕」、「安全性の確保を前提とした補修の効率化」、「修繕や改築に要する費用負担の平準化」、「施設そのものの必要性や統合に関する議論」が重要になると考えています。そのためには、まず公共アセットマネジメント(資産の管理・運用)の手法を取り入れ、全体像を把握することが有効であると考えていますので、早期に実施されるよう取り組みます。

行動

 平成18年6月議会において、市が保有する資産(学校や市営住宅をはじめとした公共施設、道路、公園など)を場当たり的に管理していることによる税金の無駄づかいと将来負担の激増が懸念されることを問題提起して以来、実現に向けて取り組んでいます。
 平成21年6月議会での一般質問においても、公共施設マネジメントの具体的に提言しました。

結果・現状

 平成21年度より、橋梁のアセットマネジメント、公共施設マネジメント体制の構築が始まりました。
 また、平成23年度より、道路施設(舗装・交通安全施設)のアセットマネジメント、公園施設のアセットマネジメント体制の構築に向けて動き出すことが決定。(平成23年3月現在)