【進行中】「福祉学習」の推進

目標

(平成19年4月) 
少子高齢化が進む中、「社会保障制度の成り立ち」や「身近な介護」に関する知識の普及が重要性を増していると考えています。そうした普及を子供から高齢者まで広い世代に対して行うために、大人も子供も生涯学習の一環として現場体験のできる「福祉学習」を体系化し、推進していく必要性があると考えています。