議会での発言

question-01

 一般質問は、議会で提案された議案とは関係なく、市に対して政策を提言したり市の問題点を追及することなどができる貴重な機会です。
 西宮市議会では、市の答弁の時間も含めて全議員に一人当たり毎議会20分の発言時間が頂けます。
 そして、会派に対して、会派の構成人数に関係なく一会派あたり30分の発言時間をいただけます。
 私が所属している会派は、7名で構成している会派ですので、一回の定例会で170分の質問時間が割り当てられます。そして毎回3人ずつ質問を行って一人当たり57分、概ね2回に1回の割合で一般質問の機会をいただけます。
 これまでに私が行った一般質問の概要を掲載しています。

開催 質問内容

平成28年12月7日 
第7回 定例会

  • 自治会に対する市の関与について
    • 自治会の負担軽減
    • 財政的支援
    • 自治会活動支援に関する条例の制定
    • 地域福祉と自治会活動
    • 市の地域活動担当部署の組織の見直しと強化
  • 家庭教育支援について
    • 訪問型家庭教育支援チームの設置
    • スマートフォンの適正利用
    • 家庭学習支援の強化
    • 夜の居場所づくり
    • 幼児期の家庭教育支援
  • 介護予防・日常生活支援総合事業について
    • 制度変更に関する周知
    • 介護サービス事業者の動向
    • 市独自の施策の効果検証
    • 一般介護予防事業
配布資料1 配布資料2

平成28年6月28日 
第5回 定例会

  • スポーツ推進について
    • 陸上競技場・中央体育館再整備
    • 小・中学校の体育施設の維持管理
    • スポーツクラブ21
    • 地域創生
  • 都市計画と大規模開発におけるインフラ整備について
    • 田近野町(仁川合同宿舎跡地)
    • 高塚町
    • 周辺の住環境に及ぼす影響
    • 都市計画によるまちづくり
配布資料1 配布資料2

平成27年12月7日 
第3回 定例会

  • 子育て・教育環境の向上について
    • 保育所の待機児童対策
      • 待機児童解消の見込み
      • 民間移管による公立保育所の建て替え推進と定員拡大
      • 土地の確保
      • 私立幼稚園預かり保育の活用
      • 少子化対策と保育所における兄弟枠
    • 公園の規制緩和と安全対策
      • 公園の規制緩和
      • 公園での防犯対策(防犯カメラの設置)
    • 学級崩壊・不登校問題と家庭教育支援
      • 学級崩壊
      • 不登校問題
      • 家庭教育
  • 介護予防について
    • 認知症予防-コグニサイズと音楽療法
    • 一次予防(いきいき体操)の効果測定
    • 介護予防・日常生活支援総合事業
  • 投票率向上に向けた取り組みについて
    • 投票日当日の投票区外投票の実施の見込み
配布資料1 配布資料2

平成27年6月29日 
第1回 定例会

  • 人口ビジョンと少子化対策について
  • スポーツ推進によるまちの活性化と施設整備について
  • 生活環境の確保について
    • 防犯対策
    • カラス対策
    • 地域猫活動
配布資料1 配布資料2

平成25年12月10日 
第11回 定例会

  • 市の医療政策について
    • 市の保健医療計画の策定
    • 市立中央病院の役割(地域医療支援病院制度)
  • 高齢化社会への対応について
    • 介護保険給付の適正化
    • 介護予防事業
    • 少子高齢社会福祉ビジョン
  • 教育環境の向上について
    • 学級崩壊と学力調査結果
    • 複数志願制度と公立高校特色化の効果の検証
配布資料1 配布資料2